子育てしつつ看護師に復帰したママを応援!

子育てしつつ看護師に復帰したママを応援!

子育てしつつ看護師に復帰したママを応援!

妊娠、出産を経験して子育てが一段落し、以前まで勤めていた看護師の仕事を再び目指すという女性も多いものです。
近年では共働きの家庭も増加し、その中でも特に、資格があり、需要もある看護師は、子育て中から現場復帰する人も多く見られます。
しかし看護師の転職の際には、ブランクがあいたことによって、いろいろな悩みが発生します。
そのため現場復帰をサポートしてくれる病院を選ぶことが、大切になってくるといえるでしょう。

ママの現場復帰をサポートしてくれる職場

ブランクのある看護師の境遇は実に様々です。出産後すぐに働き始める人もいれば、3年、5年など、幼稚園や小学校に入学した段階で復帰する人、あるいは10年以上ものブランクで看護師に復帰しようと考える人もいるでしょう。
このようにブランクがある看護士の悩みは、子育てや家事と両立ができるかということです。
子供の急な発熱や保育園や学校のイベントなどで、どうしても休みを取らなければならない時もあるでしょう。
このようなときに、子育てに理解ができない職場だと、居心地が悪くなる可能性もあります。
また最新医療についていけるかという問題もあります。医療の現場は日々進歩しているので、現役で働いていたことは、様々な変化を遂げているでしょう。
このような不安を解決するために、医療機関や各自治体ではブランクのある看護師を応援するための研修などを行っています。
さらには就職後に先輩の看護師がフォローしてくれる制度を設けている職場もあります。
これらの研修や制度はすべての医療機関で行われているわけではないので、あらかじめこのような制度が整っているかを確かめておくとよいでしょう。

意外にそういう病院って多いんですね

ブランクもある看護師が現場復帰するために、応援してくれる研修としては、まずは復職支援セミナーが挙げられます。
これは復職後に問題なく業務が行えるように、基礎的な知識や技術を学習するものです。
神奈川県でもナースセンターやナースプラザ、医療機関などで講習が開催されています。
そして現場復帰した看護師をサポートする制度がプリセプター制度です。
現場で実践的な指導を受けることによって、少しずつ現役のころの感覚を取り戻せるようになるでしょう。
神奈川県にもこのような制度が整っている病院は数多く見られます。
しかしこのような制度が整っていたとしても、本当に現場復帰できるかは不安があります。
神奈川県にはプランクのある看護師が現場復帰しやすい医療機関も数多くあるので、復職しやすい医療機関を選ぶと良いでしょう。
その中でも家庭への理解が得られやすいのがクリニックです。
多くのスタッフが家庭を持っているので、子供が理由の急な休みにも理解を示してもらいやすいでしょう。

masterad_rrbdp

子育て日記

No description. Please update your profile.